iPhoneを安く使う方法を紹介しています。ドコモ、au、ソフトバンクの大手と契約や、SIMフリー端末を使ったり、中古端末で安くするなどの方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneを安く使う方法

iPhoneをメルカリで買うとき、IMEI番号の確認が大事

■ メルカリでiPhoneを購入するときの注意点

iPhoneの中古を安く手に入れるために、メルカリの活用は結構大事です。

というのは、中古ショップで買うよりも安く買える可能性が高いからです。

スマホの中古を扱っているお店では、そのお店で動作確認の上買い取っていますし、ずっと店舗に展示もしてあります。

そういったところのお金がかかっているんですね。

一方、個人の場合はそういったものはなく、売りたい人が「このくらいで売れたらいいな」という金額になりますので、一概には言えませんが、多くの場合で同じモデルのiPhoneなら個人売買の方が安く買えます。

反面、メルカリはiPhoneの中古品を売るのに慣れた人ばかりではありません。iPhoneが余ったから売りたいと思って売りに出す人がほとんどです。

注意点は何でしょうか?


■ メルカリでは現品を見ることができない

当たり前ですが、メルカリでは購入前に現品を見ることができません。

写真は掲載されていますし、売主が書いた説明文も載っています。

ただ、必ずしも自分が見たい部分の写真でないことも多いです。

メルカリではせいぜい数枚の写真しか掲載できないのですし、写真の画質も画質を落としているために細部がわかりづらいのです。

例えば、出品者が「背面の下部に小さなキズがあります」といって写真を掲載してくれることはよくありますが、

その画質が(おそらく)メルカリによって下げられるので、キズが不鮮明な写真になっていることが多いのです。

画質を下げる理由は、アプリがサクサク動くために巨大な写真はスマホで見るように解像度を落とすのです。

その点では、事前に手に取って見るのとは比較にならないくらい、現物確認が難しいのです。

このくらいのキズならいいかと思っていたけれど、手にしてみたら印象が違ったということも起こりうるのです。

ただ、その程度で返品できるかというと、出品者が書いたこと、写真の内容と実物がどれくらい違うかによります。

表現の差はあれど、ウソを書いていなかったのなら返品は難しいと考えた方が良いでしょう。


■ iPhoneを個人売買するならIMEI番号の確認が必須

iPhoneを個人取引で買うとき、必ずIMEI番号を教えてもらいましょう。

この番号は、携帯電話会社やアップルが管理している番号で、その端末の支払いがきちんと行われているか?ということを知ることができます。

特に大手の携帯電話会社では、端末の残債が残っているまま契約が終了している場合など、ネットワークの使用制限がつくときがあります。

そういう端末出ないかどうか、IMEI番号があれば知ることができます。

中古で購入しても問題ない端末かを必ずIMEI番号で調べておきましょう。

IMEI番号を使って端末の状態を調べるには、ドコモのiPhoneならドコモ、au・ソフトバンク・アップル(SIMフリーiPhoneの場合)のサイトで調べます。


失敗なし!SIMの購入手順〜[ケース別]手順解説はこちら
[ケース別] SIM購入手順の解説はこちら