iPhoneを安く使う方法を紹介しています。ドコモ、au、ソフトバンクの大手と契約や、SIMフリー端末を使ったり、中古端末で安くするなどの方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneを安く使う方法

iPhoneを安くするなら、auでは機種代金半額を使う?

■ auではiPhoneの機種代金が半額になる?

iPhone8より、大手各社のプランに違いが出るようになって来ました。

違いが出るのは悪くないのですが、ときどき判断に悩むプランが登場します。

その1つが「auのピタットプラン」を使ってiPhoneを買う場合です。

このプランは、月額の通信量・通話料が安くなりますが、端末代は割高となります。

それでも、iPhoneの機種代金が半額になるというのが最大のうたい文句です。

ただし気をつけないといけないのは、端末の支払いを48ヶ月にし、24ヶ月以降に機種変更することが条件だからです。

大手の携帯電話では2年後の契約が自動で延長される「2年縛り」が批判もされていますが、これを使うと4年しばりになりそうな感じなのです。

4年どころか、端末代金半額の繰り越しで延々とauに縛られ続けるのではないか?そんな不安があります。


■ 4年しばりとも言えるプランです

このプランでは、2年経過すると機種変更するとその段階で今お持ちのiPhoneの機種代金の支払いが終了し、次の端末に乗り換えることができます。

本来24ヶ月で支払うところ、48ヶ月の契約をしているので、月々の料金は半分になります。

ちょうど24ヶ月後に機種変更すると、残り24ヶ月分の残債の支払いが不要になるので、最大半額で買えるということなのです。

機種変更が条件ですから、新しい機種になるのは魅力とはいえ、少なくともさらに2年間の契約をするのです。

つまり、最初の段階で4年契約をしているようなものなのです。

2年経ったら新しい機種に乗り換えることで、今の端末代金は最大で半額になる、というプランです。

もし、2年後にまた同じプランで端末を半額にしようと思ったら、また4年間auを使い続けることになるのです。

そういう悪魔のようなプランです(笑)


■ どんどん端末を乗り換えたい人はお得?

とはいえ、2年おきくらいに新端末に乗り換える人も多くいることは確かです。

実際僕もiPhoneを2年ごとに乗り換えてきたわけですので、そういう人も少なくないでしょう。

ただ、端末の性能が上がり、2年で乗り換える必要もないのも現実です。

壊れるようなことさえしなければ、3年でも4年でも使えるのです。

長く使いたい人にとっては、このauのプランはワナともいえるでしょうし、

2年ごとに乗り換えたいし、ずっとauでも構わない、という人には悪くないプランといえるでしょう。


失敗なし!SIMの購入手順〜[ケース別]手順解説はこちら
[ケース別] SIM購入手順の解説はこちら