iPhoneを安く使う方法を紹介しています。ドコモ、au、ソフトバンクの大手と契約や、SIMフリー端末を使ったり、中古端末で安くするなどの方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneを安く使う方法

iPhoneを安くするなら、SIMフリーと格安SIMがいい

■ SIMフリーのiPhoneとは?

世の中にあるスマホには、SIMロック端末とSIMフリー端末があります。

その2つの違いは何かというと、携帯電話会社の電波しか使えないものをSIMロック端末と言います。

ドコモで買ったスマホは、SIMロック解除の手続きをしない限り、ドコモの電波でしか動作しません。

同じように、auやソフトバンクも同じなのです。

格安スマホのUQモバイルとワイモバイルもSIMロック端末です。

以前はSIMロック端末はずっとSIMロックを解除できなかったので、他社に乗り換えると端末も買い替えないといけなかったのです。

このため、他社への乗り換えは大きなハードルだったのです。

それで、各社は乗り換えると端末が安くなるプランをどんどん打ち出していたので、端末代金が一括ゼロ円とか実質ゼロ円とか、ほぼただ同然で端末が手に入ったのです。

それも今は昔…。総務省がこのことに厳しく規制したので、一括ゼロ円などの端末は出せなくなりました。

その代わり、毎月の料金を下げることになったのです。

これはこれでいいことですね。

話は戻って、SIMロック端末とは反対に、他社に移っても端末をそのまま利用できるのがSIMフリー端末です。

SIMフリーの意味は、どこの電波のSIMか制限を受けない、という意味です。


■ SIMフリーiPhoneはアップルで買う

SIMフリーiPhoneを手に入れるためには、2つの方法があります。

1つは、アップルストアで買うことで、もう1つは大手の携帯電話会社で契約して、ドコモなら100日、auとソフトバンクは6ヶ月を経過後に、手続きをすることでSIMフリー端末になります。

ドコモなどと契約している間はSIMフリー端末の手続きをするメリットを感じないかもしれませんが、例えば海外旅行に行ったときに海外で現地の安いSIMを挿して使えるメリットがあります。

SIMロック端末ではどうやったって現地の携帯電話会社の電波は使えません。

その点でも、今の契約は変えなくても、端末をSIMフリーにしておく意味はあるのです。

それより、一番の目的はSIMフリーiPhoneにしておくと、格安SIMが使えることです。

SIMフリーiPhoneに格安SIMを入れることで、月額料金の安いiPhoneができあがるわけです。

これがSIMフリーiPhoneを買う最大の理由です。


■ SIMフリーiPhoneは見かけの値段は高い

じゃぁ、SIMフリーiPhoneを買おうと思ってアップルストアを除くと、iPhoneの値段はギョッとする料金です。

iPhone8の64ギガモデルでも8万円以上します。

大手の携帯電話会社だと、実質2万円以下です。この差は何?と思いますよね。

その差は、毎月の利用料金にあります。

大手の携帯電話会社は端末は安く買えますが、毎月の使用量が格安スマホよりも大幅に高いのです。

反対に、SIMフリーiPhoneは買うときは高いですが、毎月の料金は格安SIMで安くでき、トータルの支払料金を安くできます。

このような違いを理解して、SIMフリーiPhoneを活用したいものです。


失敗なし!SIMの購入手順〜[ケース別]手順解説はこちら
[ケース別] SIM購入手順の解説はこちら