iPhoneを安く使う方法を紹介しています。ドコモ、au、ソフトバンクの大手と契約や、SIMフリー端末を使ったり、中古端末で安くするなどの方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneを安く使う方法

iPhoneの中古で注意することは、SIMロックかフリーか

■ 中古端末が人気の理由

スマホの中古市場は活況です。

その理由の一つは、格安スマホが市場に認知されてきたことで、スマホ本体を安く手に入れる方法として利用する人が増えてきたことです。

もう一つは、総務省が「一括ゼロ円」や「実質ゼロ円」端末の存在を規制したので、大手の携帯電話会社は実質的な端末代金の値上げをしているからです。

こういった背景があり、高い端末代金を嫌ったユーザーが中古市場で安い端末を手に入れて、格安SIMを組み合わせて使う利用者が増えているからです。

そういった背景があります。


■ SIMロックとSIMフリーの違い

iPhoneに限りませんが、スマホにはSIMロック端末とSIMフリー端末があります。

SIMロック端末は、ドコモ、au、ソフトバンクで購入した端末で、その携帯電話会社の電波でしか使えない端末のことです。

ドコモの端末だったら、ドコモで契約するか、ドコモの電波を使う格安SIMを使わないといけません。

auもソフトバンクも同じです。

一方のSIMフリー端末は、どこの携帯電話会社の電波かを選びません。

ドコモであろうと、auであろうと、ソフトバンクであろうと、そのSIMが対応しているという機種である限り使えます。

中古のスマホを買いに行くと、ドコモ・au・ソフトバンクなどSIMロックされているものは、どこの回線の端末化は書いてあります。

そうでないものはSIMフリーと書いてあります。

そこをきちんと見分けて買いましょう。

一般的に、SIMフリー端末の方が高いです。


■ SIMロック端末ならドコモを選ぶのが無難

SIMロック端末を買うとき、どこが一番安心かというと、ドコモなのです。

なぜかというと、ドコモの回線を使った格安SIMがもっとも多いからです。

OCNモバイルONE、
DMMモバイル
IIJ Mio
楽天モバイル
ビッグローブ
フリーテル
LINEモバイル

などなど、多数あるからです。

au系は、

UQモバイル
マイネオ
IIJmio

です。


そして、気をつけなければならないのは、ソフトバンクです。

ソフトバンクは、格安SIMはありますが、電話番号付きの回線を持つことができません。

なぜかというと、ソフトバンクは格安スマホ向けに、データ通信回線しか提供していないからです。

スマホの契約には、通話回線とデータ通信回線の両方が必要ですが、ドコモとauは両方を提供し、ソフトバンクはデータ通信回線しか提供していません。

そのため、電話番号を持ったまま乗り換えたい人や、090/080/070で始まる電話番号を持ちたい人は使えません。

端末を買うとき、ソフトバンクの端末はこういった点に注意が必要です。


失敗なし!SIMの購入手順〜[ケース別]手順解説はこちら
[ケース別] SIM購入手順の解説はこちら