iPhoneを安く使う方法を紹介しています。ドコモ、au、ソフトバンクの大手と契約や、SIMフリー端末を使ったり、中古端末で安くするなどの方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneを安く使う方法

iPhoneの中古のおすすめは、性能のよい6sかSE

■ iPhoneの中古端末の選び方

中古のiPhoneを買うのでしたら、性能的にはiPhone 6sやSE以降を選ぶとよいです。

iPhone5sやiPhone6はまだまだ使えるのですが、これから数年先まで使うことを考えると性能的には不足気味です。

予算が許せば、iPhone 6sかSEを選びましょう。

もちろん、この2機種より新しいiPhone7を買えるのであればそれもよいでしょう。

ただ、iPhone 7はアップルストアでも売っている現役機種ですので、中古でもまだ安いとは言えないでしょう。

iPhone 6sとSEをオススメする理由は、動作メモリがそれ以前の機種に比べて2倍の2ギガになっていることです。

動作メモリは動作速度に影響を与え、たくさん搭載している方が高速に動作すると考えて良いです。

スマホには、動作メモリ、記憶容量、通信量の3つがあって、どれも「ギガ」を使うので数字が混乱しがちですが、これは動作メモリの方です。

動作メモリは動作速度に影響し、記憶容量は写真や動画の保存に使います。

通信量は1ヶ月間に通信できる量のことで、携帯電話会社との間で決めます。


■ 中古の端末をどこで買う?

中古端末の買い方は大きく2つです。

中古端末を売っている専門店に行くか、メルカリなどの個人売買を利用するかです。

iPhoneに限りませんが、スマホを人に譲渡するときは、しっかりと初期化しておくことが大事です。

それをしてないと、端末を手に入れた後、自分が使うときに困ることになるからです。

ですので、しっかりと初期化に添って初期化してあることが大事です。

そして、初期化前に動作確認がしっかりされて、端末に問題がないことも忘れてはならないことです。

中古端末の販売店であれば、こうした手順がしっかりしているので、まず問題はありません。

仮に購入後に問題点が見つかっても、代わりの端末に替えてくれる保証があります。

ところが個人売買の場合はむずかいしい面があります。

メルカリなどでは、購入後動作確認が終わって「問題ないです」という処理をアプリで入力するまで、代金は支払われません。

ですので、自分で確認する時間はありますが、ある程度の確認をして決済(到着をOKしたので支払いが行われる)をしたあとで端末に問題が見つかると、持ち主とやりとりをしなければならなくなります。

問題点を伝えても、送る前は大丈夫だったという場合は、恵香面倒なことになります。

最終的には持ち主が非を認めない限り、返品に応じるかどうかはわかりません。

ほとんどの場合代替品は存在しませんので、返品することになります。

返品にかかる費用は、通常は返送する人の負担になります。

メルカリには安く買える魅力と、こういうときの心配があります。